SIXPADの新商品を体験してみた! 最新のEMSトレーニンググッズ体験記

2017年4月29日にMTGから発売されたSIXPADの新商品をいち早く体験してみました。

SIXPADのアブズベルトを1ヶ月使ってみた! その結果は?

2017年4月29日に発売されたSIXPADのアブズベルトを1ヶ月使ってみました。


f:id:mishio17:20170429051525j:plain

百聞は一見にしかず。その効果をご覧ください。


f:id:mishio17:20170527161410j:plain

正直なところ、これほど効果があるとは思っていませんでした。


もちろん、これが全てアブズベルトのおかげだと言うつもりはありませんが、アブズベルトを使う前にはなかなかこうはならなかったのですから、その効果はなかなかのものだと思います。


なお、効果には個人差があると思いますので、私の場合は1ヶ月でこうなりましたが、全ての人に同じ効果がある訳ではありません。


ところで、アブズベルトを実際に使ってみて、改めて気づいたことがあります。


(気付いた点 その1) 鍛えにくい(あるいは気になる)部分に対する効果が大きい


身体の筋肉には「鍛えやすい(引き締めやすい)部分」と「鍛えにくい(引き締めにくい)」部分があります。


例えば、二の腕、脇腹などは鍛えにくい部分の代表です。


なぜ鍛えにくいのかと言うと、普段の運動ではあまり使わない筋肉だからです。


それと、この鍛えにくい筋肉をトレーニングで敢えて鍛えようとすると、とてもキツイ(苦しい)です。


f:id:mishio17:20170527163516j:plain

その点、SIXPADのようなEMS器具は、この鍛えにくい筋肉を電気信号で無理なく動かして鍛えてくれますから、苦しい思いをせずに引き締めることができます


そして、普段使っていない筋肉は、鍛えると見た目が変わり易いですから、より引き締まった効果が感じられ易いです。


f:id:mishio17:20170527161410j:plain

(気付いた点 その2) 引き締めた筋肉を楽に維持できる


言うまでもありませんが、せっかく引き締めた体も鍛えるのを止めると元に戻ってしまいます


つまり、引き締めた身体をキープするためには筋肉を鍛え続けなければならないということです。


でも、これは身体を引き締めるのとは別の意味で想像以上にキツイです。なぜなら、際限がないのですから!


一方、SIXPADは一度筋肉が引き締まってしまうと、その筋肉を動かして効率よく鍛えられます。


しかも、キツイ運動は一切必要ありません。


こう考えると、SIXPADは引き締めた身体をキープすることにこそ威力を発揮するのではないでしょうか


(ロナウド選手のように鍛え上げた選手がSIXPADを使っているのは、この意味が大きいんじゃないかと思います)


(気付いた点 その3) 電極に貼るジェルシートは必ずしも必要ではない


アブズベルトの裏面に付いている電極部分に貼る高伝導ジェルシートは、価格が4,900円(税抜き)と結構高いです。


f:id:mishio17:20170527164913j:plain

このことはアブズベルトをずっと使い続ける際にはネックになりますが、私個人としては、このジェルシートは必ずしも必要ではないと思います


私はアブズベルトを付けて、その上から緩めのサポーターを巻いて使ってみましたが、問題なく使えます。


ですので、ロナウド選手のようにスタイリッシュにSIXPADを使いたいのならばともかく、実用本位に使用するのならばサポーターを使えばランニングコストをほとんどかけずにSIXPADを使い続けることができます


最後に一言、長年の念願だった割れた腹筋が手に入って、アブズベルトには大感謝です!


f:id:mishio17:20170527161410j:plain

今後も引き続き、アブズベルトを愛用していきたいと思います。


夏までに身体を引き締めたい人は今すぐチェック!
SIXPADの公式ホームページ